住宅ローン審査と金利

banner

審査に受かるために


住宅ローンによる審査に受かるためには、支払能力が高い事を認定させて貰う事が大切なのです。
例えば、年収や職業等、自らではどうもできない所もあります。
ここでは、「努力によって」自らの評価を高くする事が可能なポイントを見てみたいと思います。

<身綺麗にしてみる>

融資をして貰うには、信用を高くする事が必要なのです。
借金を申し込むのですので、借金に対応できる能力がどれ程あるのかがとても大切になってきます。
最初に、目的のない借金をたくさん抱えていれば、その信用度も下がってきます
ですので無駄なローンは早めに完済させておきましょう。
そして借金にまつわるトラブルを回避する事です。
遅滞歴等が一回起これば、その後5年は審査に受からないと言う事です。
借金の遅滞は自分の信用度も低くしてしまうのです。

<自己資本を増加する>

住宅の購入の時は、購入額の2割においては、自己資本を充てる事が大切なのです。
返済における負担を減少させるためになどの目的もありますが、それ程の資金を作る事ができる能力の存在を見せる事もできるのです。
財形貯蓄等を活用して、頭金を多く用意していきましよう。

信用情報に傷が入る


ブラックリストと聞きますと、なんだか嫌な印象があるかと思います。
けれども、本当は簡単にブラックリストに入る事もあるのです。
一度ブラックリストに入ると、数年によってローンの恩恵を受けられなくなってきます。

<ブラックリストになる条件>

金融機関には黒いサッシのリストがあるという事ではないのです。借金についてトラブルがあれば、金融機関全てでそれらの情報を共有できるようになっています。
それがブラックリストと言うものです。
これは、借金の返済の遅滞がでれば、5年間という長い間の信用情報に傷が入る事もあります。
この事がブラックリスト入りした状態なのです。
そしてクレジットのローンやまたリボルビング等、簡単に借りられる事かできても、支払にトラブルがあればその信用も下がってくる事になります。
けれども若干の遅滞があれば、金融事故の扱いにはならないのです。
支払が3か月以上遅滞すれば、それに掲載されるのです。
また数日の遅滞が何回もあれば、掲載される事もあるので、よく注意して下さい。
その他、自己破産をした時も、ブラックリストに載る事もあるのです。
ブラックリストというのは、それぞれの会社によって、いろいろなデータベースがあるのです。
例えばA社では掲載されていても、B社では掲載されていない事もあります。
住宅ローン借り換えシュミット君

http://tokai.rokin.or.jp/loan/jutaku.html
住宅ローン | かりる | 東海ろうきん

http://www.shinseibank.com/powerflex/cam/cam_hl_karikae.html
初めてお借り入れの方も借り換えの方も新生銀行の『パワースマート住宅ローン』 | 新生銀行

http://www.tr.mufg.jp/loan/loan_kinri.html
金利一覧(住宅ローン): 三菱UFJ信託銀行

http://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/karikae/
住宅ローン(借り換え) : 三井住友銀行

Copyright(c) 2013 住宅ローン審査と金利 All Rights Reserved.